診療時間
9:00 ~ 13:00 / / /
14:30 ~ 18:00 / / /
  • ▲:土曜日の午後診療は、14:00~17:30

電話でのご予約 03-6666-6813

〒136-0076 東京都江東区南砂2-33-3リビオメゾン南砂町1階-B

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

歯の神経を取りたくない方へ
当院なら、まだ神経を残せる
可能性があります

  • マイクロスコープ」による
    ミクロン単位の治療
  • 殺菌効果のある「MTAセメント

「神経を残す」ことにこだわる理由

ドクター

神経には、栄養を歯に送る役割があります。
その他にも、歯が割れたり膿(細菌の集合体)ができるのを防いだりする役割があり、歯に起きる変化を教えてくれるセンサーの機能を持ち合わせています。

神経を取ると、そういった機能がなくなるため、弱くて脆い歯になります。

神経が重要な組織とはわかっていながら虫歯が神経まで達していたり、神経に近い部分まで進行したりする場合には、神経を取る処置を行うのが今までの常識でした。

当院では、神経の大切さを理解した上で、今までの”常識”を覆した神経を残す治療にこだわりをもっています。そのこだわりが「マイクロスコープ」「MTAセメント」の2つです。

神経を残すのに欠かせない取り組み

次からは、当院で神経を残すための取り組みについて詳しく紹介していきます。

「マイクロスコープ」で精密な治療

マイクロスコープ1

マイクロスコープ2

マイクロスコープは、視野を4倍〜20倍まで拡大した状態で治療ができる歯科用顕微鏡のことです。
神経の治療はミクロン単位の精度が求められる治療です。そのため少しの誤差で治療が失敗してしまう可能性があります。
そこでマイクロスコープという「歯科用顕微鏡」を使用します。視野を何倍にも拡大できるため、より繊細な治療が可能になります。

「MTAセメント」による
殺菌・封鎖・再石灰化

MTA

MTAセメントには、強い「殺菌作用」や水分の多い状態でも固まる「硬化力」、膨張して隙間を埋める「封鎖力」が備わっている特殊な薬剤です。

虫歯を取り除いた後、露出した神経をMTAセメントで保護することで、細菌の侵入を防ぎ、神経を残せるようになります。

  • 治療前
  • 治療後

MTAセメントで処置した症例。

治療の流れ

当院での、治療の流れを紹介していきます。

STEP1診査診断・治療計画の説明

説明

レントゲン写真やお口の写真などで、現在のお口の状態や虫歯の進行状態をわかりやすく説明していきます。
この時に、わからないことや質問などがありましたら、遠慮せずにおっしゃってください。

STEP2治療開始

治療

マイクロスコープを使用しながら、虫歯を正確に取り除いていきます。虫歯の除去後、MTAセメントで神経を保護していきます。

STEP3被せ物の作製

被せ物

治療後の痛みや違和感がないことを確認してから、被せ物の治療へと移っていきます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談
電話でのお問い合わせ 03-6666-6813

医院住所

〒136-0076
東京都江東区南砂2-33-3リビオメゾン南砂町1階-B

PAGETOP
WEB予約 24時間受付中