診療時間
9:00 ~ 13:00 / / /
14:30 ~ 18:00 / / /
  • ▲:土曜日の午後診療は、14:00~17:30

電話でのご予約 03-6666-6813

〒136-0076 東京都江東区南砂2-33-3リビオメゾン南砂町1階-B

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

歯をほとんど削らない
接着ブリッジ

  • 健康な歯」を削りたくない
  • 外科手術」はしたくない
  • 入れ歯」に抵抗がある

このような悩み、
私たちにお任せください

歯に優しい「接着ブリッジ/ダイレクトブリッジ」

ブリッジ

ブリッジをする場合には、失った歯の両隣の歯を大きく削った上に、繋がった被せ物を取り付けるのが一般的な方法です。

しかし、この方法では健康な歯を大きく削る必要があり、歯の強度が弱くなって割れたり折れたりするトラブルが起きる可能性があります。他にも、歯を大きく削ったことでしみるようになり、最悪の場合には神経を取るケースも少なくありません。

当院では歯への負担を減らして見た目を改善できる接着ブリッジ/ダイレクトブリッジという治療法を取り入れています。

接着ブリッジ治療を簡単にご説明すると、削るのではなく「接着させて固定する」方法になります。

以下、通常のブリッジ治療と接着ブリッジのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット デメリット
一般的なブリッジ
ブリッジ
  • 固定力が高い
  • 健康な歯を大きく削る
  • 歯の神経を取ることがある
  • 知覚過敏が出やすい
接着ブリッジ
接着ブリッジ
  • ほとんど歯を削らない
  • 歯の神経を残せる
  • 外科処置をせずに済む
  • 金属を使用しない(メタルフリー)
  • 短期間で治療が終了する
  • 自然な見た目になる
  • 固定力が弱い

接着ブリッジには、通常のブリッジに比べて「外れやすい」のがデメリットです。

しかし、接着ブリッジが適応できるのかをしっかりと判断したり、噛み合わせを調整したりすることで、外れるのを防ぐことが可能です。

接着ブリッジ/ダイレクトブリッジが対象外になるケースもあります。

接着ブリッジ/ダイレクトブリッジは、歯や体への負担が少なく見た目を改善できる治療法ですが、全ての方が対象になるわけではありません。

説明

特に、装置を付ける歯が歯周病でグラグラしている場合には、しっかりと維持できないため、接着ブリッジが対象外になる可能性があります。

他にも、両側の歯に被せ物が入っていたり、噛み合わせが強い部分や失った歯の本数が多かったりするケースでは、治療ができないと判断することがあります。

その場合には、患者さんのお話を聞きながら、適切な治療法をご提案させていただきます。失った歯の治療法に悩んでいる方は、まず一度ご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談
電話でのお問い合わせ 03-6666-6813

医院住所

〒136-0076
東京都江東区南砂2-33-3リビオメゾン南砂町1階-B

PAGETOP
WEB予約 24時間受付中