診療時間
9:00 ~ 13:00 / / /
14:30 ~ 18:00 / / /
  • ▲:土曜日の午後診療は、14:00~17:30
電話でのご予約 03-6666-6813

〒136-0076 東京都江東区南砂2-33-3リビオメゾン南砂町1階-B

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

経験豊富なドクターが抜歯を行います

痛みや腫れを「最小限」に
精密」な診査・診断

親知らずの「抜く・抜かない」の判断基準は?

親知らずは必ずしも抜く必要はありません。問題なく生えている場合はそのままでも大丈夫です。

しかし痛み腫れがある場合や歯磨きがしにくく虫歯になりやすい場合、他の歯や組織に悪い影響を及ぼすリスクがある場合には抜歯を推奨しています。

抜歯にはメリットもありますが、デメリットもあります。安易に抜歯をするのではなく、それぞれを理解したうえでご判断いただくのが大切だと考えています。

親知らずを抜歯するメリット/デメリット

親知らずが斜めや真横に生えているケースでは、若いうちに抜歯をするのをお勧めしています。

早めの抜歯は次のような「メリットがあります。
・手前の歯を守れる
・虫歯や歯周病のリスクが低くなる
・若いうちは骨が柔らかく抜歯がしやすい
・歯並びが悪くなるのを防ぐ

一方で、「デメリット」もあります。
・痛みや腫れが出やすい
・ダウンタイムがある(抜歯してから回復するまでの期間のこと)

上記は一般的な親知らずのメリット・デメリットです。お口の状態によっては多少の違いがありますので、担当医にしっかりとメリット・デメリットを聞くようにしましょう。

親知らずのリスクを「最小限」にする取り組み

親知らずを的確に抜歯するため、当院では下記のような取り組みを行っています。

CT(三次元立体画像撮影装置)による的確な診査・診断

CT(三次元立体画像撮影装置)による的確な診査・診断

CTは3次元的に歯の状態や神経や血管の位置を把握でき、より安全で正確な治療を可能にします。一般的なレントゲンでは平面的な撮影しかできないため、親知らずが頬側に生えているのか、舌側または真ん中に生えているのかを正確に把握できません。生えている位置によって歯茎を切る範囲骨を削る量が大きく変わるため、当院では抜歯の際にはCT撮影を行なっています。

広範囲で、効果が持続する「伝達麻酔」

下の親知らずの抜歯では、周囲の顎の骨が硬いため通常の麻酔が効きにくい場合があります。そこで行うのが伝達麻酔です。通常より広範囲に効果を発揮し、麻酔の持続時間が長いのが特徴です。

妊娠予定のある女性は早めの親知らずの抜歯をお勧めします

妊娠予定のある女性は早めの親知らずの抜歯をお勧めします

親知らずに問題がある場合、女性は早めの抜歯をお勧めしています。妊娠したときのホルモンバランスの影響で親知らずに激しい痛みが出る場合があるからです。ですが抜歯しようにも、お腹の中に赤ちゃんがいる状態で、レントゲン撮影や抗生物質の薬を飲むことは抵抗がありますよね。とはいえ、お口の中の痛みを我慢するのは身体的にも精神的にも辛いです。そのため女性の方は、妊娠する前に親知らずの抜歯をするのをお勧めしています。

親知らずQ&A

右の親知らずを抜いたら、左の親知らずも抜かないといけませんか?
そんなことはありません。噛み合わせに問題がなく、歯磨きができていれば抜歯をしなくて済むケースもあります。ただ、将来的に抜歯が必要だと判断したときには、抜歯を勧めることがあります。
親知らずが生えてくることで手前の歯が押され、歯並びが悪くなるって本当?
本当です。親知らずが斜めや真横に生えている場合には、手前の歯を押して歯並びが悪くなることがあります。
どんな親知らずでも抜歯してくれますか?
親知らずの簡単な症例から難症例の抜歯まで対応していますが、以下のケースでは大学病院や専門の機関に紹介することもあります。

・心臓病や重度の糖尿病などの全身的なリスクが非常に高い方(通常の高血圧などは問題ありません)
・極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
・親知らずを抜歯する際、神経や血管を損傷する可能性が非常に高い場合

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談
電話でのお問い合わせ 03-6666-6813

医院住所

〒136-0076
東京都江東区南砂2-33-3リビオメゾン南砂町1階-B

PAGETOP
WEB予約 24時間受付中